オートメーションサービス

変更のための管理は、新技術の採用を成功させるために非常に重要です。ラボに新技術を導入することは、ルーチン作業に重大な変化をもたらします。その移行がスムーズに行われるよう、当社が立ち会います。例えばeSwab® を採用される場合、COPAN は様々なガイドやビデオに加え、インサービスツアーを提供しています。従来の微生物学からリキッド・ベースド・マイクロバイオロジー(LBM)へ移行しやすくしています。ラボ全体をオートメーション化する場合、フィールド・アプリケーション・スペシャリストが据え付け前およびバリデーション段階で現場に残ります。この知識と経験豊富なスペシャリストが全てのスタッフを牽引し、バリデーションプロセスをサポートすることで、革新的な技術の導入を成功に導きます。COPAN は、WASPLab® がラボの中核作業にとって重要なミッションと考えています。WASP® や WASPLab® に問題が発生した場合、直ちに解決する必要があることを理解しています。そのため、検体処理、スマートインキュベーター、画像解析における遠隔診断サポートを開発してきました。当社のリモートアクセシビリティにより、当社のフィールドサービスエンジニアは、いつでもどこからでもお客様の装置にアクセスすることができます。このユニークなリモートサポートシステムを提供することで、ただちに対応し、ラボ作業の中断を最小限に抑え、アップタイムを高いレベルに維持します。