PNR

サンプル調製システム
 

PNR (Pierce-able and Re-sealable:突き刺しと再密封可能) は COPAN 独自の出願中特許の名称で、試料採取チューブに使用するために設計された様々なサイズの、突き刺しと再密封可能なスクリューキャップです。キャップの上部は突き刺し可能な金属ホイルで覆われ、ダックビルバルブを使用時まで保護します。PNR™キャップは、手間のかかるキャップの取り外し、キャップの再取り付け、その繰り返しによるストレスをなくすことで、検体試料管理に革命をもたらします。また、再密封可能な特性により、試料は直ちに再密閉され、人手によるキャップ締めを不要とするだけでなく、チューブが長時間にわたり開いたままになることによるコンタミのリスクを回避します。

PrintEmail

  • パンフレット

    学術研究

  • 自動ピペットシステムは簡単にキャップを出入りします

    PNR™キャップは、自動ピペットと一緒に使用すると、自動的にキャップが開き、サンプリングして閉じることができます。サンプリング後に自動的かつ迅速に再シールし、漏れを防ぎます。

    装填とウォークアウェイ

    処理中にチューブのキャップを取り外したり、再度取り付けたりする必要がありません。 キャップの取り外し、キャップの再取り付けが不要になることで、その繰り返しによるストレス要因を低減します。 PNR™キャップは、自動ピペットと一緒に使用すると、自動的にキャップが開き、サンプリングして閉じることができます。サンプリング後に自動的かつ迅速に再シールし、漏れを防ぎます。

    独自のダックビルバルブ

    真空または陽圧によるリスクがありません。

    スケーラブルなデザイン

    製品の径は、16mm、12mm および10mm

    PNR キャップはどのように機能しますか?
      • PNR キャップは、自動ピペッターと使用する場合、チューブの自動オープニング、サンプリング、再クロージングを有効にします。装填し、放置するだけです。処理中にチューブのキャップを取り外したり、再度取り付けたりする必要がありません。
      • 自動ピペッターはフォイルキャップシールを突き抜け、メンブレンに穴を開けてダックビルバルブを開きます。その後、自動ピペッターはチューブに入ります。圧力が直ちに平衡化されます。平衡化されないと、取り込み量が圧力によって大幅に減少または増加します。複数のマイクロベントを作るバルブの独自設計により、急速に平衡化できるようになりました。
      • 液体が取り込まれ、自動ピペッターは外に出ます。
      • PNR キャップのメンブレンバルブは数秒以内に元に戻り、チューブは漏れなくなります。
    ここをクリックして、お客様のカスタムデバイスのニーズをお寄せください