ドロッパー

サンプル調製システム
 

Copan Flock Technologies(CFT) は、Rapid Point of Collection Assays用の、カスタム設計されたシンプルでコンパクトな自己完結型サンプル調製システムを提供しています。迅速で正確な検査を行うために、サンプル調製の簡素化が最も重要な状況で検体が収集されることがよくあります。検査は、患者のベッドサイドでのポイント・オブ・ケア(POC)や、または乱用薬物が疑われるときの路上で行うことができます。 CFTのサンプル調製システムはあらかじめ組み立てられており、回収時点でサンプルを調製するためのデバイスを使用する準備ができています。 CFTのサンプル処理チューブは柔らかい可撓性プラスチックでできており、係留ドロッパーと組み合わされてスクイーズ可能なデバイスを形成し、それを使用して1滴または数滴の液滴をラテラルフロー式の検査カートリッジに滴下することができます。

 

PrintEmail

  • パンフレット

    学術研究

  • 他に調製用のデバイスを用意する必要はありません                                                                
    カスタマイズ製品

    ご利用のアッセイのためのカスタムデザイン、モールド、および充填の構成品。 アッセイの原理に応じて、検体処理のために1つまたは2つの試薬を充填することができます。 キャップを使用すると、検体を密閉して検査ラボに移送することができます。                                                                                                                     

    カスタムフィルターは、粒子や半固形屑を保持します                                                         
    サンプル調製デバイスはカスタマイズ可能

    さらに、サンプル処理チューブ、試薬、係留ドロッパーチューブキャップ、FLOQSwab® を組み合わせることができます。                                                                      

    2つの個別の試薬があらかじめ充填され、

    使用時まで別々に保持されます。                                                                    

    シングルショットテストに最適
    ここをクリックして、お客様のカスタムデバイスのニーズをお寄せください