wasplab

WASPLab®

細菌接種プレートの培養、保存、デジタル化、記録用モジュール式自動化プラットフォーム。
 

この製品専用ウェブサイトセクションには、お客様の国では使用承認されていない製品の用途に関する情報が記載されている可能性があります。 お客様の国における製品コードおよび製品の特徴につきましては、Copan にお問い合わせください。

WASPLab®はWASP®プロジェクトとCopanの哲学を進化させたもので、プレートの培養/画像化を行い、お客様をデジタル細菌学の世界に招きます。培養前および培養中、特許出願中のユニークなWASPLab®ビジョンシステムは、デジタル高品質形式で使用できる画像を取り込み、ラボ技術者が読み取り作業を行います。ユーザーフレンドリーかつカスタマイズ可能なウェブベースのアプリケーションを使用し、ユーザーはインキュベーターからプレートを物理的に取り出さずにプレートを読み取り、管理することができます。各オペレーターはログインしてこのプラットフォームにアクセスすることができます。ログインの種類によって、使用可能な機能が異なります。システムアーキテクチャにより、すべての操作の完全な動作記録が提供されます。分離コロニーの抜き取り段階は、オペレーターが行います。これは、オペレーターがこの作業を行う際にサポートし、すべてのデータのトラックを保存する半自動レーザーアシスト処理があるため可能です。この登録商標を持つシステムがC-Tracerです。 このエキサイティングで革新的なプロジェクトのビジョンを実現するために、Copanはワークフローのさらなる自動化に取り組んでいます。その一例が、再処理ステップにおける操作時間の短縮を目的とする自動ピッキングシステム(Colibri™)です。バーコードで機能する洗練された微生物検体プロセッサーおよびワークアップシステム WASPLab®は、コンベアトラックを使用してWASPに接続します。WASPLab®は、試料を処理の最初の段階から検体の完全管理(自動培養およびデジタル微生物学)に移動させます。このモジュラー式かつ小型設計のWASPLab®は、ラボの特殊ニーズに合わせてカスタマイズ可能です。ロボットによるプレート管理システム、スマートインキュベーター、最新式の画像取得技術は、ラボの作業の方向性を変え、デジタル微生物学の草分けとなる扉を開こうとしています。

 

PrintEmail

  • パンフレット

    FaQ

    プレートの画像を取得する際、なぜ WASPLab™ は複数の照明タイプを使用するのですか?

    WASPLab®は、寒天の種類によって異なる最適なプレート画像を得るため、3種類の照明システムを使用しています。3種類の画像がビュアーに表示されます。透明な寒天のベンチビューをシミュレートする背景付きトップライト、不透明な寒天のベンチビューをシミュレートする背景のないトップライト、そして溶血を観るための背景のないボトムライトです。

    WASPLab® は、培地が上を向いた状態、あるいは下を向いた状態でプレートを培養することはできますか?

    はい。装置は、培地が上をむいているか下を向いているかに関わらず、同じインキュベーターでプレート培養することができます。これは、ラボの作業プロトコルによって異なります。

    画像取得ステーション HEPA はフィルターがかけられますか?

    はい。WASPLab® システムは、プレートを開く画像取り込みステーション内のターゲットフィルターシステムを使用します。

    WASPLab® はコンプレッサーを使用していますか?

    WASP®およびWASPLab®は完全自動で、圧縮空気や油圧を必要としません。ダウンタイムの短縮、追加サービスの低減、据え付けコストを最小限に抑えるためです。

    特定のタイプのプレートを使用しなければなりませんか*?

    いいえ。システムは、様々な業者からのプレートを管理することができます。

    スマートインキュベーターの内側を清掃してもいいですか?

    WASPLab® インキュベーター内の重要な部品は、取り外し可能、オートクレーブ可能です。

    デジタル微生物学で画面に表示されるプレートの画像が見られるのは知っていますが、グラム染色についてはどうですか?

    WASPLab® はグラムスライド画像システムに接続し、培地プレートと顕微鏡スライド画像を組み合わせます。

    * WASP® および WASPLab®が関与する診断結果が信頼性のあるものにし、システムを安全かつ正常に機能させるため、交換部品、消耗品、および技術サポートは Copan (または当社の認定代理店) が提供しなければなりません。特に、第三者の容器や培養皿をWASP® および WASPLab®機器に使用する場合はCopan の承認が必要です。

    他に質問がありますか?ここをクリックしてください

    WASP®:ウォークアウェイ検体プロセッサー

    WASP®:ウォークアウェイ検体プロセッサーは、分析前微生物検査用ソリューションオープンプラットフォーム、*モジュラー式装置であり、この分野では唯一、自動化微生物検体処理のすべてのプロセスをカバーしています。接種およびストリーキング、グラム染色のスライド準備および増菌液体培地の培養を行います。 WASP®は、微生物ラボがそれに適応することを要求するクローズボックスではなく、ラボの現在のワークフローを自動化するオープンシステムです。WASP®では、検体のセットアップから解放されるため、ハイレベルな業務に集中することができます。最も重要なことは、WASP®は微生物学者たちが、その自動化に望んでいたことそのものであるということです。

    * WASP® および WASPLab®が関与する診断結果が信頼性のあるものにし、システムを安全かつ正常に機能させるため、交換部品、消耗品、および技術サポートは Copan (または当社の認定代理店) が提供しなければなりません。特に、第三者の容器や培養皿をWASP® および WASPLab®機器に使用する場合はCopan の承認が必要です。

    カスタムトラックシステム & スケーラブルワークアップキャニスター

    カスタムトラックシステムは柔軟性が高く、小型

    WASPLab®は、各ラボ向けにカスタマイズされます。WASPLab®は、スペースの制約に関わらず、あらゆるラボに適合するよう設計されたフレキシブルコンベアを使用しているため、現在のラボのスペースを変更する必要はありません。プレートは、自動的にWASP®からトラック上のスマートインキュベーターに移動します。手動で乗せられたプレートは、画像取り込みおよび培養のためにトラックに乗せることができます。

    スケーラブルワークアップキャニスターシステム

    プレートは自動的にインキュベーターから取り外しやすいキャニスターに運ばれ、ラボ担当者の指示で作業が進められます。便利なワークアップキャニスターは、特定の検体タイプ向け、または最適なワークフロー用にオペレーターが指定することができます。 キャニスターシステムは、コンベアトラックを追加することなく、ラボに拡張とステーション追加の柔軟性を与えます。

    スマートインキュベーター

    コンパクト、高効率のスマートインキュベーター
    自動反転機能

    ユーザー定義のプロトコルに応じて、スマートインキュベーターは培養前に自動的に各プレートを逆さまにし、培地に落下することによる結露を防止します。プロトコルによって培地を上に向けて培養するよう規定されている場合、WASPLab® はこれを自動的におこないます。

    プレートを早く読み、結果を早く出す

    各プレートには、バーコードを基に個別の場所が与えられます。このため、ランダムかつ迅速な検索が可能になります。インキュベーターの棚は、均一な環境条件を確保し、優れた熱伝導率が迅速かつ効果的にプレートを適切な温度と大気条件に合わせます。

    クリーニングを簡単におこなうための棚の取り外し

    コンパクトなインキュベーターの棚は簡単に取り外し、オートクレーブにかけて衛生な状態を維持することができます。

    高容量

    シングルインキュベーターは 854 枚のプレート、ダブルインキュベーターは 1,708 枚のプレートを培養することができます。

    画像取得ステーション

    WASP®での接種、ストリーキングののち、プレートはバーコードで指定されたとおり、適当なスマートインキュベーターにコンベアによって運ばれます。
    WASPLab®画像取得技術では、高度な照明およびカメラシステムを使用しており、各プレートの写真は鮮明で正確です。これは、すべてのプレートに顕微鏡を使用しているようなもので、ユーザーは非常に精密なワークアップ決定を行うことができます。

    複合画像

    プレートはプレートシャトルキャリア内のカメラの真下に進み、 WASPLab®トライリニアカメラのセンサーがプレート画像を取得します。結果は、100mm プレートの 27 メガピクセルの単一画像になります。

    最適なプレート画像を収集する3つの照明システム

    すべてのプレート培地は同じではありません。WASPLab画像取得システムは、培地の色や透明度に応じて、画像取得に異なる照明を使用します。

    • 背景付きトップライトは、透明な寒天培地に使用し、ベンチビューをシミュレートします。
    • 背景なしのトップライトは、不透明な寒天培地に使用し、ベンチビューをシミュレートします。
    • 背景なしのボトムライトは、プレートを照明に保持しているようにシミュレートし、溶血を観ます。
    歪みのない画像

    WASPLab®は、テレセントリックカメラレンズおよびソフトウェアを使用しています。これは、画像のサイズと形状の精度が重要な3次元物体を検査する際に不可欠なものです。テレセントリックレンズは一定倍率を使用し、透視角度の誤差を排除します。そのため、画面上の画像は歪みがなく、実物そっくりになります。この重要な機能により、オリジナル画像を使用してコロニーの正確な位置と抜き取りが可能になり、再スキャンの必要がありません。

    27 メガピクセル、実画像より大きい

    各写真は非常に鮮明な 27 メガピクセルで、WASPLab™ のソフトウェアは、径 0.1mm の大きさのコロニーを検出、区別し、画像をオペレーターに示すことができます。

    フィールドの深さ

    業界で最も鮮明な画像に加えて、WASPLabのカメラ光学系は9mmの深度で小さなコロニーと大きなコロニーの両方に常に焦点が当てられており、病原体の離散的な増殖を見逃しません。

    非常に精密な読み取りを行うユニークな比較差分画像解析

    全ての培養プレートの重要な時間ゼロの読み取りは、各培地プレートに関連する人工物を識別し、排除するため、記録されます。時間ゼロは本物の比較差分画像解析には非常に重要で、ソフトウェアはノイズを無視し、成長に焦点を合わせることができます。

    デジタル微生物学

    画面、読み取り、抜き取り、レポート

    画像取得が可能な WASPLab® は、革新的なデジタル微生物学への扉を開きます!

    スクリーニング

    スクリーニングでは、ユーザーは最も増殖したものから、最も増殖していないもの、またはその反対にコロニーのカウントごとにグループ化したプレートの画像を観ることができます。スクリーニングの段階では、ユーザーは画像検討後、1回のクリックだけで、ただちに増殖なしとすることが可能です。スクリーナーは、ズームして増殖パターンを精査したり、意味のない培地、重要でない増殖、皮膚の混入を迅速に排除して、重要な増殖のあるプレートのみを詳しい読み取りおよび検査に送ることができます。

    読み取り

    詳細な検査が必要なプレート画像は、読み取りステーションに送られます。ユーザーはズームインして精査し、AST、ID、植え継ぎ培養、グラム染色、生化学的スポットテストなどのタスクにワークアップチケットを作成してコロニーにタグをつけることができます。リーダーは、ユーザー定義の仮定 ID をタグをつける各コロニーに割り当てます。プレートは、自動的に指定した抜き取り用ワークアップキャニスターに送られます。抜き取りステーションでのバーコードスキャン後、プレートの画像はデジタルでタグ付けされたコロニーおよび仮定 ID と一緒に自動的に取り込まれます。

    ユーザーは、グラム染色のデジタル画像をプレート画像およびワークアップチケットと一緒に閲覧することもできます。

    ピッキング

    ユーザーはピッキングステーションで、ワークアップキャニスターステーションからプレートを検索します。ピッキングステーションでのバーコードスキャン後、プレートの画像はデジタルでタグ付けされたコロニーおよびピッキングタスクと一緒に自動的に取り込まれます。タスクが終了したら、ユーザーはこれをソフトウェアで承認し、ワークアップチケットを終了します。

    仕様

    WASP®

    寸法:幅 43.5 インチ x 長さ 81.5 インチ x 高さ 76 インチ
    重量:約 1,300 lbs
    入力電圧:220V、20Amps
    イーサネットネットワーク:100 MB
    インターフェース:ご要望に応じて LIS インターフェースをご用意
    周辺機器:タッチスクリーンモニター、外部バーコードリーダー、ラベルプリンター
    認証:CE、UL、CSA
    電気コンセントプラグ:HBL2321 250V / 20A (米国およびカナダ)

    GRAM SlidePrep™

    寸法:幅 28 インチ x 長さ 23 インチ x 高さ 49.5 インチ
    重量:約 221 lbs

    スマートインキュベーター

    シングルの寸法:幅 45.1 インチ x 長さ 33.7 インチ x 高さ 91.1 インチ
    ダブルの寸法:幅 68.5 インチ x 長さ 33.7 インチ x 高さ 99.1 インチ
    重量:約 1,000 lbs (シングル) 約 2,000 lbs (ダブル)
    入力電圧:220v、20Amps
    大気条件:C02 および有酸素
    容量 シングル:プレート 854 枚
    容量 ダブル:プレート 1,708 枚
    電気コンセントプラグ:HBL2321 250V / 20A (米国およびカナダ)

    学術研究

  • フレキシブルなモジュラーシステム

    WASPLab® システムは、スペースの制約に関わらず、それぞれのラボのスペースのそれぞれのニーズに合わせられるよう、モジュラー式かつスケーラブルに設定されています。

    F患者のケアを向上させる迅速な結果判定

    スマートインキュベーターおよびデジタル微生物学を使用すると、多くの WASPLab® ユーザーはプレートの読み取りおよび臨床的に意義のある増殖の検出が従来のインキュベーターおよび手動による読み取りより早くできることに気が付きます。プレートを早く読み取れるようになることで、ラボは臨床医に今までよりも早く結果を報告することができるようになります。

    27 メガピクセル、最も正確な結果を得るため実画像より大きい

    WASPLab® を使用して得られた 27 メガピクセルのプレート画像により、最も正確で鮮明な表示が可能です。ユーザーは、実際のプレートを観察した時には見つからず、デジタル画像で見つかった増殖を報告します。

    コンバージング・テクノロジー

    COPAN のコンバージング・テクノロジーへの取り組みにより、WASPLab® は非常にフレキシブルなものとなり、カスタマイズしたり、新しいミッションやタスクを追加することができるようになりました。これにより、WASPLab® はその性能とインターフェースの能力を介して価値を見出すラボの馬車馬となっています。

    ここをクリックして、お客様のカスタムデバイスのニーズをお寄せください