cpa200

CPA200™

ヒト DNA 試料の処理およびトレーサビリティの半自動パンチャー。
 

この製品専用ウェブサイトセクションには、お客様の国では使用承認されていない製品の用途に関する情報が記載されている可能性があります。 お客様の国における製品コードおよび製品の特徴につきましては、Copan にお問い合わせください。

カード処理オートメーション200(CPA200™)は、96ウェルのPCRプレートにCOPANが製造するNUCLEIC-CARD™、または他の互換性のある試料採取デバイスから抽出されたヒトの唾液または血液試料を充填します。抽出は、ペーパーディスクをDNA試料が入ったカードから外し、その下にあるPCRプレートのいずれかのウェルに入れる円柱型パンチヘッド(パンチャー)で行います。CPA200™は半自動装置です。ユーザーは手動でカードを装填し、レーザーポインターを介してDNA試料を抽出する位置を選択します。その後、システムが自動的にパンチング操作を実行します。CPA200™は、現在市場で入手可能なすべての試料採取デバイス(COPANのNUCLEIC-CARD™、WhatmanのFTAカード、Bode Buccal 2を含む)と互換性があります。クリーニングエリアでCOPAN のフレーム付きNUCLEIC-CARD™を処理する場合に、性能が最適化されます。ユーザーは、パンチング時に自動的にカードを処理する内蔵カードホルダーにカードを装填し、クリーニングして、DNAのキャリーオーバーを防止します。96ウェルのPCRプレートには、最大96の異なるヒトDNA試料を収めることができます。このため、CPA200™には、処理済み試料のトレーサビリティーを可能にするバーコードリーダー、およびプレートウェル内にディスクがあることをチェックするためのビジョンシステムが装備されています。これまで、CPA200™はヒトDNAデータベース関連の活動を行う法医学ラボに導入されてきました。将来的には、臨床分野に応用される(新生児スクリーニング等)予定です。

 

Print