ラボオートメーション

ラボオートメーションは、微生物ラボがルーチン作業の大部分を完全自動化された方法で実行できるようにするもので、効率と効果の点で高く評価されます。分析前作業は、微生物学分野でも基本的なステップです。これは、迅速、高レベル標準で、かつすべての項目およびステップが追跡可能な形で行う必要があります。信頼性の高い正確な診断は、試料の品質と検体セットアップの技術に依存します。COPANの自動化ソリューションは、これらのニーズを満たします。COPANのラボオートメーションシステムのワークフローは、菌の接種段階から始まります。この作業はWASPにより行われます。次のステップは、O2またはCO2環境でのプレートの培養で、その後読み取りおよび抜き取りを行います。画像解析ソフトウェアを組み合わせたハードウェアの高度な技術により、ラボのオペレーターはプレートを画面上で観察し、迅速で簡単に多くの決定を下すことができます。