enat

eNat®

分子用に最適化された検体採取および保存
 

この製品専用ウェブサイトセクションには、お客様の国では使用承認されていない製品の用途に関する情報が記載されている可能性があります。 お客様の国における製品コードおよび製品の特徴につきましては、Copan にお問い合わせください

 

eNAT®は、分子診断プラットフォームで処理する臨床検体の採取、輸送および保存を目的としています。eNAT®のグアニジンチオシアン酸塩ベースの溶媒は、ウイルス、細菌、クラミジア、膣トリコモナス、マイコプラズマのRNAおよびDNAを安定化させ、その微生物を不活化することにより、安全な検体の取り扱いが可能になります。核酸増幅検査技術の主な目的が多くの種類の感染症について調べることであるため、輸送および保管中に臨床検体の核酸が完全な状態で保存される必要があります。eNAT®の溶媒には、微生物の増殖を防ぎ、室温で最長4週間、-20℃で最長6ヶ月にわたり、RNAとDNAを確実に保存する界面活性剤および蛋白質変性剤が含まれています。

 

Print