fecalswab

FecalSwab™

腸内病原菌検査のための糞便および直腸スワブの採取、輸送と保存用システム

この製品専用ウェブサイトセクションには、お客様の国では使用承認されていない製品の用途に関する情報が記載されている可能性があります。 お客様の国における製品コードおよび製品の特徴につきましては、Copan にお問い合わせください。

FecalSwab™は、検査機器ですぐに使用できる省スペースの小型チューブによる糞便試料の輸送に便利なシステムであり、ラボへの輸送を簡単にします。FecalSwab™は、固形または半固形検体をチューブ内で液体に変えることで、糞便試料の採取、輸送および処理を簡素化、標準化し、糞便試料の自動化処理を簡単にします。FecalSwab™で最初の培養ステップを行ったのち、キャップに合体したフロックドスワブをCOPANセレナイト液体培地に入れれば、サルモネラ菌を選択的に増菌することができます。残った試料は分子診断検査*に使用することもできます。
(*ご使用者によるバリデーションが必要です。)

 

PrintEmail

  • パンフレット

    FaQ

    製品はどのように使用するのですか?

    採取キットに含まれるフロックドスワブを使用し、患者が試料を提供した後に少量の便 (約 1g) を医療スタッフがチューブに移動させるか、便検体をラボで受け取った後に技術者がチューブに移動させます。または、FecalSwab™ を使用して患者から直接直腸試料を採取することもできます。

    FecalSwab™ にはどの種類の培地が使用されていますか?

    キャリー・ブレア培地です。

    FecalSwab™ はオートメーションで使用できますか?

    はい。FecalSwab™ はすぐに使用できるプラスチック製のチューブに入っており、WASP®DT オートメーション検体プロセッサーに簡単にセットすることができます。

     

    他に質問がありますか?ここをクリックしてください

    学術研究

  • FecalSwab™ は、COPAN の標準 FLOQSwab™ と、2mL の改良型キャリー・ブレア培地が入った飛散防止設計のスクリューキャップから構成されています。

    使いやすい

    採取キットに含まれるフロックドスワブを使用し、患者が試料を提供した後、少量の試料を医療スタッフまたは技術者がチューブに移動させます。FecalSwab™ は、直腸スワブ試料を採取するのに使用することもできます。

    輸送しやすい

    FecalSwab™のセミソリッドシステムは、糞便試料の採取、輸送、処理を簡素化、合理化します。糞便検体用の大きな容器ではなく、飛散防止設計のコンパクトなチューブは省スペース型で、ラボへの輸送が容易です。

    小さいほうがいい

    従来の便輸送システムは、培養や分子検査で必要な量よりはるかに多い量を採取します。FecalSwab™ は、大きな輸送容器とは異なり、コンパクトな形になっています。さらに、最大充填ラインにより、分析に必要な最適試料量が分かりやすくなっています。

    液体ベースのシステム

    FecalSwab™ は、固体または半固体検体を標準化されたチューブ内で液体に変えることで便試料の採取、輸送、および処理を簡素化、合理化し、自動化便試料処理を簡単にします。

    自動化検体プロセッサーでの使用に最適です

    FecalSwab™ は、固体または半固体便検体を省スペース型、かつ装置ですぐに使用できるチューブ内で自動検体プロセッサーに最適な試料に変換します。

    安全、飛散防止設計のポリプロピレン補強チューブ

    特殊チューブは、内部が円錐形になっており、試料の遠心分離が可能です。その形状により、チューブはラボの試験台に立てておくことも可能です。
    FecalSwab™は、COPANのレギュラーサイズのFLOQSwab®と、2mLの改良型キャリー・ブレア培地が入った飛散防止設計のスクリューキャップから構成されています。

    ここをクリックして、お客様のカスタムデバイスのニーズをお寄せください